short pants every day/ショートパンツエブリデイ

2020.05.28 韓国岳へ

先日、昨年から毎月を目指しつつ不定期に行っています山登りに行ってきました。
昨年は、7月に双石山、10月に高千穂峰、11月韓国岳、すこし間が開きまして、今年4月釈迦ヶ岳に登りました。まずは宮崎県内のいろんな山を登ってみたいと思っています。
今回は、梅雨入り前に登りたいのと、霧島連山のミヤマキリシマも咲き始めているということで、韓国岳を目指しました。

駐車場に着いたらドーンと韓国岳がお出迎え、テンションが上がる瞬間です。

今回のメンバーは、いつも案内してもらっている大ちゃん(えびの市 ギャラリーカフェHannah オーナー)、藤原さん(プロサーファーであり児童向け体育教室アドバンススポーツクラブを主宰するa-project(株)代表)、亜聖さん(田島亜聖さん、テレビやラジオで活躍するパーソナリティ、DJでもありサーファー、ロングボーダー)そして、えびの市のアウトドアステーション、スタッフのマリアちゃんの5人で出発しました。

    登りだしたら直ぐにミヤマキリマがお出迎え、満開はまだ先とのことでしたが、ピンクが緑に映えてとて綺麗でした。       何に見えます??バットマンに見えませんか?笑 のコウモリ草。

樹林帯を抜けて五合目の休憩ポイントに到着して後ろを振り返れば、いつの間にか高度感が増してて「おおっーー」と雄大な景色に感動します。最初の足の疲れがやってくるタイミングなのですが、この景色で随分と癒されます。さあ、上を目指しましょう。

視界が開けてきて山肌を進んでいくと、今度は目の前に湖や錦江湾、そして高千穂峰が見えてきます、。頂上までもう少しです。

荒涼とした岩肌の隙間にも花が咲いていて癒されます。さあ頂上に到着です。
この景色に立ち合いたくて登ってます。
360度を見渡せる頂上で、皆でパチリ!

お決まりのカップ麺を食べたあとはコーヒータイム。
下山した後にえびの高原の足湯で疲れを癒します。リラックス。

登り1時間30分、頂上で1時間程お昼&コーヒータイム、下り1時間位の行程です。天気にも恵まれてましたし、秋の景色とは違い「緑の濃さ」にとても癒されました。次はどこがよいかな〜と次回がもう楽しみです。宮崎の自然を楽しみたいですね!

Text. Nishikida

Hannah (ハンナ)
アドバンス スポーツクラブ
アウトドア ステーション えびの

 

  • このページをFacebookでシェア
  • このページをLINEでシェア
  • このページをtwitterでシェア